国際資格トレーニングコース 受講生 募集

 

ボーンズ フォー ライフの指導者養成コースはいつから

でもご参加出来ます

 

フェルデンクライスは寝て行うレッスンが多いのですが、ボーンズフォーライフは壁を使ったり長い布を使ったりのレッスンや立って行うレッスンが多いので日常生活ですぐに役立ちます

 

詳細はこちら

BFL指導者養成プログラム


はじめに

  • 日本でのBones for Life指導者養成プログラムは、2005年10月に京都で開催され、創始者ルーシー・アロンの直接指導による基礎コースから始まりました。これは日本における最初の記念すべき講習会となりました。
  • 講習会を主催した藤井里佳(BFL Japan 主催)は、翌年の2006年8月にドイツにてルーシー・アロン主催の教授法実践コース(Didactic Course)を修了し、指導者(Teacher)の資格と同時にPioneer Trainer(日本で指導者を養成することのできる特別資格)を取得(その後、2008年5月にウィーンにてトレーナー資格を取得)。現在、日本におけるBFLの普及とその指導者の養成に力を注いでいます。

プログラムについて

  • BFL指導者養成プログラムでは、受講生は基本コースから順番に始める必要はなく、下記のどのコースからでも参加することが可能です。その場合、各コース修了時に修了証が発行されます(要手数料)。後日、他のコースをすべて修了された場合に、指導者/トレーナーの資格を得ることができるというシステム(単位制)です。

 

指導者(ティーチャー)資格取得のためのコース

コース名 説明
基礎コースⅠⅡ Ⅲ 全90レッスンを受講。各レベル修了時に修了証発行
アドバンスコースⅠⅡ Ⅲ 基礎コースのレビュー(復習)
メンタリングコース スーパーバイザーの下での指導実習
グループ、個人への指導経験 36時間のグループ、個人への指導
教授法実践(Didactic)コース より実践的な指導学習

トレーナー資格取得のためのコース

コース名 説明
指導者資格取得後のグループへの指導 200時間のグループへの指導と10~30枚のレポート提出
トレーナートレーニングセミナー ルーシー・アロン及びシニア トレーナーの指導を受けること(日本では、現在2010年3月のみ開催)